スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX用語 レバレッジと証拠金

レバレッジと証拠金

以下簡単な例をあげます。

レバレッジ1倍
100万円の保証金の1倍である、100万円の取引が可能!
証拠金は100万円となります。

レバレッジ10倍の取引
10万円の保証金の10倍である、100万円の取引が可能!
証拠金は10万円となります。

レバレッジ100倍の取引
1万円の保証金の100倍である、100万円の取引が可能!
証拠金は1万円となります。


2010年8月より、法改正(証拠金規制)され以下のように変わります。

    2010年8月からレバレッジが最大50倍
    2011年8月からレバレッジが最大25倍

   
具体的にどうなるかというと

レバレッジ50倍の取引
2万円の保証金の50倍である、100万円の取引が可能!
証拠金は2万円となります。


レバレッジ25倍の取引
4万円の保証金の25倍である、100万円の取引が可能!
証拠金は4万円となります。


保証金がどんどん高くなります。
規制前に200倍でFX取引をしていた人の必要保証金は
レバレッジ50倍で\5000→2万(4倍)に増加
レバレッジ25倍で\5000→4万(8倍)に増加
となります。

参考ですが、規制前は200倍は普通でした。

レバレッジ200倍の取引
0.5万円の保証金の200倍である、100万円の取引が可能!
証拠金は0.5万円(\5,000)となります。


スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。