スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資の考え方(2)スワップポイントの破壊力

スワップポイント脅威の破壊力!年利200%以上

スワップポイントシュミレーション
もう少し具体的な例をあげてシュミレーション
1米ドルのスワップポイント  5円/日 
1豪ドルのスワップポイント100円/日

1:1米ドル80円(スワップポイント5円)を買いで1万通貨持っている場合
 金利の変動がなく、レートが1米ドル80円で変動しなかった場合


①初期投資
 1万通貨=16000円(1米ドル80円)
②1年後のスワップポイント累計
 5円×365=1825円
③年利
 1年後の受取額は16000+1825=17825
 年利約11%


2:1豪ドル80円(スワップポイント100円)を買いで1万通貨持っている場合
 金利の変動がなく、レートが1豪ドル80円で変動しなかった場合

※レバレッジは50倍:現在どこの証券もレバレッジを50倍と規制されています)

①初期投資
 1万通貨=16000円(1豪ドル80円)
②1年後のスワップポイント累計
 100円×365=36500円
③年利
 1年後の受取額は16000+36500=52500円
 年利約228%


お気づきだと思いますが、スワップポイントが大きいほど
長期間通貨を保有すると、とんでもない金額を受け取れる可能性があります。


ただし、これは、あくまでシュミレーションであり
実際は、スワップポイントの変動もあり、為替も変動し変動幅により、
決済しなければならない場合もあります。
また、シュミレーションはプラスのスワップを例としましたが、
マイナスの場合はスワップポイントを日々払わなければなりません。



スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。